icon-chevron-circle-right イベント名COMITIA128
 icon-chevron-circle-right イベント公式サイトhttps://www.comitia.co.jp/html/128.html
 icon-chevron-circle-right イベント日時2019年05月12日
11:00~16:00
 icon-chevron-circle-right 会場青海展示棟

※今回コミティアが初めて会場として利用する「青海展示棟」とは、
2019年4月から東京ビッグサイトが青海地区に開業した仮設展示棟です。
東京オリンピック開催に向けて東展示棟が使用できなくなる2019年4月から
2020年11月まで設置予定となっています。
最寄り駅がいつもと異なります。ご来場の際はご注意ください。
 icon-chevron-circle-right アクセスりんかい線「東京テレポート」駅下車 徒歩2分
ゆりかもめ「青海」駅下車 徒歩4分
青海駅から会場までの動画
ゆりかもめ「お台場海浜公園」駅下車 徒歩6分
 icon-chevron-circle-right 会場マップ
 icon-chevron-circle-right 参加名義v!v!t
 icon-chevron-circle-right スペースナンバーG03a
 icon-chevron-circle-right 参加ジャンルオリジナル
 icon-chevron-circle-right おしながき※画像をクリックすると拡大されます。

新刊

短編集「バベル」


あらすじ

少女ノアは、調査艦ヤコブの第一エリアに暮らしていたが、父の死とともに、貨物船第七エリア——通称ジャンクへの移住を余儀なくされる。ある日、不思議なメッセージを受け取ったノアは、その意思に導かれ、宇宙船や人類の歴史を高度高級言語バベルで書き始める。その頃、ノアたちを乗せる舟は、ゆっくりと、ブラックホールへ近づいていた……。(表題作「バベル」)
人類を遥かに凌駕する知能と寿命、そして巨大で頑丈な肉体を持った存在・天人。天人の三姉妹、櫻子・翠子・馨子の洋館で働く下女のすみれは、兄である高三郎を馨子に喰われたことで、天人を激しく憎んでいた。洋館に住む女医の紫陽は、そんなすみれを諌めるが、彼女の父・侘助もまた、かつて天人の食事となっていた。ある日すみれは、地下室で天人の子供の姿を目撃してしまう。そして、その子供を殺そうとするが——。(「天人画報」)

収録作

「バベル」
戯曲「ロサ・アルバ」
「クリアスタック」
「人魚喰って、吐いて。」
「天人画報」

小説:藤宮南月
価格:500円

スケッチブック




※画像をクリックで拡大します。

紙が厚くてしっかりしています。
A5サイズでコンパクトなので、ミニノートとしても使えます。

イラスト:anじぇら
価格:500円

クラッチバッグ



※画像をクリックで拡大します。

厚手のしっかりした素材で、普段使いもバッチリです。

写真:須賀まこと
価格:2000円

ポーチ

※画像をクリックで拡大します。

合皮製でマチがしっかりあります。
コスメやスマホバッテリーなどがたっぷり入る、おでかけに活躍しそうなサイズです。

イラスト:anじぇら
価格:2000円

ポストカード

写真




※画像をクリックで拡大します。

イラスト


※画像をクリックで拡大します。

写真:須賀まこと
イラスト:anじぇら
価格:各100円