びびっとのメンバーとしてだけではなく、フリーのイラストレーター、そして漫画家としても活躍中のanじぇら。
このたびは漫画「小僧あんちんと蛇の娘」の完結を記念して、インタビューをおこないました。
以下はツイキャスにておこなったインタビューのまとめ記事となります。たくさんのご視聴、ご質問ありがとうございました。



anじぇらのプロフィール



フリーのイラストレーターとして活躍しながら、同人サークルv!v!t(びびっと)で活動。
2018年7月からcomicoにて漫画「小僧あんちんと蛇の娘」を公式連載。

——まずは簡単な自己紹介をお願いします。

作者のanじぇらです。
comicoで「小僧あんちんと蛇の娘」を連載していましたが、先日最終回を迎えました。

——どういった経緯で「小僧あんちんと蛇の娘」が連載決定したのでしょうか?

もともとcomicoのベストチャレンジという、誰でも漫画を投稿できるシステムがありまして、「小僧あんちんと蛇の娘」はそこに連載していた作品なんですね。三、四話くらい載せたところで、賞をいただいて、連載が決まった次第です。

——もともと漫画を描いていたのでしょうか?

漫画は高校生のときずっと描いていましたが、そのあとはほとんどイラストでしたね。でも最近になって、また漫画を描くことが増えました。

——もともとはイラストレーターだったということですが……。イラストと漫画の違いで、気をつけていることはありますか?

イラストは一枚にいろんな情報を詰めなくちゃいけませんが、漫画はコマが並んでいて、その流れをお話として見せていく形です。漫画のコマを全部イラストみたいに描いたら、情報が多すぎてわかりにくくなるので、そうならないように気をつけていますね。
また、キャラクターデザインが複雑だと漫画では描ききれないので、そのあたりも気をつけています。

——このあたりで、「小僧あんちんと蛇の娘」の簡単なあらすじをご紹介ください。

平安時代が舞台です。
お坊さんに恋をして、叶わずに病んで蛇になってしまう女の人を描いた安珍清姫伝説というお話があるのですが、その伝説を元にしています。
大人のままだと生々しいかなと思ったので、元のお話よりもふたりの年齢設定を低くしています。
もとの話が悲しい結末なのですが、その続きを自分なりに解釈してまとめています。

——安珍清姫伝説が元になっているということですが、この伝説を知ったのはいつ頃で、描こうと思った決め手はなんでしょうか?

中学生くらいの時ですね。まんが日本昔話で知りました。昔の民話とかいろいろ取り扱っていて、不思議なお話が多いんですね。清姫はどう助かるのかなと思って見ていたら、助からなかったので衝撃を受けたんですね。うまいこと助かるのかなと思ったら、助からなかった。そういうのって逆に残るじゃないですか。


妖怪図鑑とかも仕事柄見ることが多かったんですけど、そこに清姫の項目があって、何かこれで描きたいなと。坊主も好きだし。
その時点では超ギャグでした。アンチ清姫というタイトルです。今よりさらに妟鎮が塩対応で、虺代が病んでて大暴走みたいな。一生わかりあえないタイプの妟鎮と虺代ですね。これだとあんまり話が続かないなと思って、変えました。今まで同人誌で漫画を描いていたんですけど、その場合は一冊に収まるお話作りをしていて。でもせっかく連載の形で投稿するから、長い話を描こうと思って。そのために話を考えたら、ギャグではなくなりました。

——魅力的なキャラクターがたくさん出てきますが、特に気に入っているキャラクターなどはいますか?

推しは万貫さまですね。

——よろしければ、ひとりひとりのキャラクターに関する思い入れやキャラクターデザインのポイントなどを教えてください。

妟鎮くんは最初は呼び方が、妟鎮さまだったんですけど、そこから妟鎮くんになり、最終的に坊やになりました。
理想の小僧さんです。最初はかっこいい感じで描いていたけど、だんだん子供っぽい感じになって、最終回にむかってふっきれてきたかなと思います。過去にいろいろあったので、そういう設定がたくさんあります。
キャラクターデザインは、坊主なので、あまり主人公っぽくないですね。そもそも主人公っぽいキャラではないですし。ただ、多少は主人公感を出そうと思って、袖に模様を入れてみたりしました。お坊さんなので、色を派手にするのも変かと思って。イメージカラーはピンク、イメージのお花は桜です。
あとは、他のキャラもそうなんですけど、目のところに赤いの入れているのがポイントです。


虺代についてですが、過去に関してはあまり考えていないですね。トラウマとかそういうのがないんだと思います。
虺代は大爆発したから、ぎゃーってなった人がいっぱいいましたね。どんびかれたと思います。人のときが長かったから、その虺代に愛着があった人は多分そうなったかも。わたしの中ではあまり違いはないんですが。うわーってなる人がいるかなとは思ったんですが、でもこの虺代を描きたかったので、描き切りました。
キャラクターデザインは、ない色っぽさをアピールする感じのデザインにしました。キャラデザの袖に「清」って入っています。衣装チェンジ前は後ろに入ってたはずです。虫おやじがうまくやってくれました。虫おやじけっこう人気あるんですよね。蛇の方は、元の伝説のイメージでつくりました。
あと、序盤で妟鎮と虺代が数珠の交換をしているんですけど、これはけっこう意味があるやつです。


千鶴はレイアースの海ちゃんみたいなイメージです。
服装は初期案がくそださかったんですけど、いろいろあって、こうなりました。
千鶴と万貫はいい人なので、最初は悪い感じで出てきちゃったよね。いい人ほど悪い感じで出しちゃうんです。
千鶴には、いろいろやってもらって申し訳ない気持ちがありますね。まだ子供なのでそういう子供っぽいところも出せたらよかったんだけど、妟鎮と虺代が成長途中だったので。もっとわがままいっていいんだぞと思っています。


万貫さまはですね。
わたしは万貫さまの寺の墓の土に埋まりたいですね。キャラデザできたときなんてえっちな僧侶を生んでしまったんだと思ったの。
裏設定もいろいろあります。
初めてオリジナルで、ムキムキ系のキャラ作りました。いっぱい着てるのであまり筋肉が見えないですけど。

——苦労したシーンなどはありますか?

苦労したシーンなんですけど、虺代は切り替わってキャラが変わっちゃうから、いきなり「えっ」ってなったらどうしようかなと。そこの見せ方が悩みました。
でも、元の虺代が大事だったので、切り替えることは前提でしたね。といっても、わたしの中ではずっと同じ虺代のままですけど。
途中までかなりはらはらしながら、我慢して読んでもらったと思います。大丈夫かなってコメントたくさんいただいてて、わたし信用ないなという感じだったんだけども。
コメントは気にはなるけど、ストーリーが左右されることはなかったですね。
そのまま突き通しちゃう。描き方は多少いじるかもしれないけど、でもつき通さないとそのキャラじゃなくなっちゃうから。
この作品はベスチャレで描いてたこともあって、このキャラ達のための漫画だから、キャラにとって一番よいようにしてあげたいなと。

——最後に、これから漫画家になりたいという方に、何かアドバイスなどあればお願いします。

漫画家としてアドバイスできるほど、漫画家歴はないので、偉そうなこと言えないです。
でも強いてあげるなら……そうですね。わたしは万人受けする話ではないけど、だれかの大事なお気に入りの作品になったらいいなという気持ちで書いていたので、だれかにささったらいいなと。
何かそういうスタンスみたいなのが決まっていると、ぶれずにかけるかもしれないと思いますね。


正解って誰かに決められるものでもないし、というかそもそも漫画とか絵って最終的には正解がないから、突きぬけたらなんでも強みになります。
ぜひお互い頑張りましょう!

記念すべき最初のインタビューは以上です。
びびっとのメンバーに、こんなことをインタビューしてほしい!というご要望がありましたら、ぜひお問い合わせフォームから送ってくださいね。お待ちしております。