icon-chevron-circle-right タイトルリテラロイドは文豪の夢を見るか?
 icon-chevron-circle-right 画像※画像をクリックすると拡大されます。
 icon-chevron-circle-right ジャンルオリジナル
 icon-chevron-circle-right カテゴリ小説
 icon-chevron-circle-right 在庫まことに申し訳ありませんが、現在この商品は在庫がありません。
再版のご希望はメールフォームからお願いいたします。
 icon-chevron-circle-right 作者藤宮南月
 icon-chevron-circle-right 価格500円
 icon-chevron-circle-right サイズ文庫
 icon-chevron-circle-right ページ数本文152ページ
 icon-chevron-circle-right その他全5話収録
 icon-chevron-circle-right 概要藤宮南月による初の短編集。
SF、ファンタジー、和風とジャンルにとらわれない、幻想的な短編を5編収録。
 icon-chevron-circle-right あらすじ◆「リテラロイドは文豪の夢を見るか?」
旧時代の文学を再現するため生み出された少年、中原カフカは、
猫の女王アーカーシャにアルバイトとして雇われる。
それは、世界に存在する全ての書物を
〈虚空〉へと流し込むという膨大な仕事だった。

◆「シーサイド・スーサイド」
フリーのカメラマンが海で出会った幼女リンは、
己を不老不死だと告げる。
そして、自分を殺してほしいと懇願し――。

◆「およづれごと」
少女、水無瀬は、夏祭りの夜、
不思議な世界に迷い込む。
人魚の肉、化け猫女中、鞠つきをする子供、
そして、自分のことを知っているという女。

◆「アルケミスト」
中学生の〈わたし〉は、
となりの部屋に住む錬金術師〈博士〉の実験のため、
スクールバッグを奪われる。
その実験とは、
博士の恋人であったオウムを蘇生させるというものだった。

◆「本朝浮世絡繰秘事」
天才からくり技師・浮世右左衛門
人形と人間のまぐわいしか描かぬ春画絵師・夜之介
あでやかな遊女の街で、互いの記憶が交錯する。
 icon-chevron-circle-right 初回頒布イベント2013年10月20日:COMITIA106
 icon-chevron-circle-right 通販ページhttps://vivit.booth.pm/items/10984
 icon-chevron-circle-right 特設サイト-
 icon-chevron-circle-right 作者のサイトHypergRaphia=ハイパーグラフィア=
 icon-chevron-circle-right 備考